アルギニンは成長ホルモンだけでなく男性らしさを促す性腺刺激ホルモンの元にもなっています


あらゆるホルモンをつくる元になるアルギニンは、成長ホルモンに限らず男性らしさを促す性腺刺激ホルモンも作ります。

しかし子供の時成長ホルモンが分泌されている間は性腺刺激ホルモンは分泌が抑制され身長が伸びます。
そして成長ホルモンの分泌にはアルギニンだけでく十分な睡眠が必要で、不足すると性腺刺激ホルモンを抑えられず男性らしい大人の体へと変化が始まってしまうでしょう。

そこで深く十分な睡眠時間を取ることで成長ホルモンの分泌を促進し、どうしても心配があれば専門医療機関を受診しましょう。

アルギニンはあらゆるホルモンをつくる元になる栄養素です

成長ホルモンの分泌を促進すると言われるアルギニンは、ホルモンをつくる元になるため、成長ホルモンに限らずさまざまなホルモンを作る時に必要です。
そのため男性らしい体つきになるよう促す、性腺刺激ホルモンの元にもなるのでその分泌を促進することにも役立ちます。

実際大人向けのサプリメントとして、男性ホルモンのテストステロンの分泌を促す物にアルギニンが含まれているのです。

成長ホルモンが抑制する

性腺刺激ホルモンは、大きく身長が伸びてから二次性徴を迎える時に盛んに分泌されます。
それまでは成長ホルモンの分泌が盛んで性腺刺激ホルモンの分泌は抑えられているため、子供の骨が伸びて身長が高くなるのです。

もし成長ホルモンの分泌量が減ってしまうと抑制が利きにくくなり、男の子は男性らしい大人の体つきへと変わっていくため、骨も硬く変化していき背が伸びない状態になるでしょう。

成長ホルモンを分泌させるには十分な睡眠が必要です


最も成長ホルモンの分泌が盛んになるのは、1日の中でも夜寝ている間なので、理想的な睡眠時間を確保し十分成長ホルモンを分泌させましょう。
そうすると摂取したアルギニンが成長ホルモンの分泌促進に役立ち、その結果子供の骨を伸ばす働きが促されて骨端線の軟骨細胞が増え、骨が長くなり身長が高くなるのです。

例えば小学校高学年の子供であれば、翌朝6時半には起きるとすると前日夜は9時には眠っている必要があります。
しかし習い事やゲーム・スマートフォンを使っていると寝る時間が遅くなりがちで、慢性的な睡眠不足になってしまうでしょう。

すると成長ホルモンが十分に分泌されないことから性腺刺激ホルモンの抑制があまりできなくなり、身長が大きく伸びないまま大人の体に変化する可能性があるのです。
成長が十分でない体は弱く、大人になってから健康に影響を及ぼす場合があるため、アルギニンを取ることに加えて夜の睡眠時間をできるだけ長くすることをおすすめします。

夜スムーズに眠れる工夫をして成長ホルモンの分泌を促進しましょう

子供の間は身長をできるだけ伸ばしてしっかりした体を作るためにも、成長ホルモンを十分分泌させて性腺刺激ホルモンの分泌を抑えましょう。

深い睡眠に導く方法
寝る前に強い光を避ける

パソコンやテレビ、スマートフォンなど強い光を浴びていると睡眠を導くホルモンが分泌されにくいため、寝る数時間前からスマートフォンなどを使わないようにすることです。
そして寝室の明かりは不安にならない程度に落とし、暗くした状態で眠りましょう。

食事は寝る2時間前までに済ませる

血糖値が高い状態では深い睡眠になりにくいので、消化が落ち着くためにも寝る2時間以上前に食事を済ませておくと良いです。
この時の食事でアルギニンの豊富な食材をバランス良く使ったメニューにすると良いでしょう。

専門医療機関を受診する

子供の身長の伸び方について心配があったり、子供自身がコンプレックスを持ったりしている時は、早めに専門医療機関で診てもらうことをおすすめします。
その子に合えば成長ホルモン製剤を使った治療を受けられることがあり、それによって成長ホルモンの量を増やせるでしょう。

しかし使う薬剤の量が体重によって変わるため、できるだけ早くに受診して治療を始めた方が少ない容量で済ませられる可能性が高くなります。

(まとめ)アルギニンを取ると男性らしい体になりやすい?

1.アルギニンは成長ホルモンだけでなく男性らしさを促す性腺刺激ホルモンの元にもなっています

アルギニンにより成長ホルモンも性腺刺激ホルモンも作られますが、子供のうち成長ホルモンの分泌が盛んな時は後者の分泌は抑えられます。そのためには十分な睡眠が必要で部屋を暗くするなどの工夫をし、身長に不安があれば専門医との相談がおすすめです。

2.アルギニンはあらゆるホルモンをつくる元になる栄養素です

さまざまなホルモンをつくる元になるアルギニンのため、成長ホルモンだけでなく性腺刺激ホルモンもつくられます。しかし成長ホルモンが分泌されると性腺刺激ホルモンは抑制されるため、子供の身長は伸びやすくなります。

3.成長ホルモンを分泌させるには十分な睡眠が必要です

夜寝ている時間に成長ホルモンが盛んに分泌されるため、アルギニンの摂取と共に十分な睡眠時間を確保しましょう。睡眠不足になると成長ホルモンが不足し性腺刺激ホルモンの分泌を抑えられず十分な身長の伸びが難しくなると考えられます。

4.夜スムーズに眠れる工夫をして成長ホルモンの分泌を促進しましょう

成長ホルモンの分泌をスムーズにするために夜深い睡眠に導く工夫をしましょう。そのポイントは、寝る直前まで強い光を見ないことや食事は寝る2時間以上前までに済ませることです。
そして身長の伸びが心配な時は専門医療機関で一度診てもらいましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師