アルギニンの働きは成長ホルモンの分泌促進以外に、筋肉の修復や疲労回復、免疫力の向上が期待されています


アルギニンが持つ働きは、成長ホルモンの分泌促進や筋肉の修復、疲労回復、免疫力のアップなど体作りにまつわるものがあります。
しかし子供の体はまだ体内でアルギニンをつくる働きが十分ではないため、食事から補って不足しないようにしましょう。

だからといってサプリメントに頼ってしまうと栄養バランスが偏る可能性もあるので栄養バランスの取れた食事からアルギニンを取ることがポイントです。
ほかにも睡眠不足やストレスに気をつけて健康的な体を維持することも子供の十分な成長には欠かせないでしょう。

アルギニンは体作りに関する働きに関わっています

アミノ酸の1種にあたるアルギニンは非必須アミノ酸に分類され、体内で作り出すことができる物です。しかし子供のうちはまだその働きができ上がっていないため十分なアルギニンを確保できないので、必須アミノ酸として取ることが必要になります。

加えて体作りにアルギニンは必要なので、成長期の子供ほど不足しないよう取っておくことが不可欠です。アルギニンの働きには以下のものがあります。

成長ホルモンの分泌促進

成長ホルモンの分泌がスムーズになることで、子供の骨がよく伸び、背が高くなることにつながります。成長ホルモンにより骨を伸ばそうとする働きが促されるため、身長をより高くしたい時はアルギニンを不足させないこともポイントです。

筋肉の修復や疲労回復

運動すると筋肉が傷つきそれを修復して強くしますが、アルギニンは体作りにも必要な栄養素のため、どちらの働きも補えるよう十分取る必要があります。
また疲労物質である血中アンモニア濃度を下げる働きもあると言われるため、運動中や寝ている間にもアルギニンは必要でしょう。

免疫力の向上

免疫細胞の中のひとつであるマクロファージは、一酸化窒素によって活性化します。
アルギニンが産出される時に一酸化窒素が発生するため、免疫力アップにつながる効果が期待できるとされているのです。

アルギニンの摂取には特にサプリメントを使う必要はありません


体の成長や筋肉の修復などあらゆる体作りに必要なアルギニンですが、不足するとさまざまな働きが十分行えなくなってしまい、体調を崩す恐れがあるでしょう。
特に子供の場合はまだ体内で十分なアルギニンを作り出すことが難しいため、不足しやすい状態にあるので食事で上手に取ることが必要です。

サプリメントに頼る必要はない

積極的に取るためにはサプリメントをと考えることもありますが、サプリメントの利用よりも食事で取ることの方が望ましいのです。
なぜなら食品にはさまざまな栄養素が含まれており、アルギニン以外の必要な栄養素も合わせて取ることができる上、旬などによって栄養価も変わってくるからです。

しかしサプリメントは同じ栄養バランスでアルギニンそのものだけを取ることが多くなります。
また食べ物でアルギニンを過剰摂取してもそれほど問題はありませんが、サプリメントで取りすぎた場合は体への影響が心配されます。

積極的に成長ホルモンを増やしたい時

専門医療機関で相談すると、必要に応じて成長ホルモン製剤を注射で投与する治療を受けられることがあります。
この方法は早めに始めた方が負担が少ないため、気になる時にはできるだけ早期に受診してみましょう。

アルギニンの働きをスムーズにするためには生活習慣の改善もおすすめです

アルギニンが持っている体作りに関する働きをスムーズに行うには、健康的な生活習慣もポイントです。成長ホルモンの分泌の妨げにならないようにするためにも、生活習慣を振り返って改善しましょう。

成長期の子供の生活習慣改善点には下記のものがあります。

夜更かししない

成長ホルモンの分泌に欠かせないことは睡眠で、睡眠時間が不足していても思うように背が伸びない場合があります。
そのため夜更かしせず早めに寝て、小学校低学年では10時間、高学年は9時間半の睡眠時間を確保しましょう。

栄養バランスの良い食事を取る

体のあらゆる働きには必要な栄養素が数多くあることから、栄養バランスがアルギニンだけに偏ることなくまんべんなく取ることです。
どうしてもたくさんの量が食べられなければ、回数を増やして少しずつ食べる方法もあります。

ストレスを発散する

忙しい毎日を過ごす中で子供がストレスを抱えることは少なくないため、ストレスがたまって体調や成長に影響を及ぼさないように発散しておきましょう。
運動することは健康的なストレス解消方法で、成長ホルモンやアルギニンなどの栄養素を全身に行き渡らせるためにはおすすめの方法です。

(まとめ)アルギニンの働きってどんなもの?

1.アルギニンの働きは成長ホルモンの分泌促進以外に、筋肉の修復や疲労回復、免疫力の向上が期待されています

体内でも作り出せるアルギニンは成長ホルモンの分泌促進など体作りに関する働きがあります。しかしサプリメントで摂取するより食べ物から取る方が望ましく、アルギニンを生かすために健康的な体を維持する生活習慣もポイントです。

2.アルギニンは体作りに関する働きに関わっています

アルギニンは体作りに欠かせない栄養素ですが、子供はまだ体内でつくる働きが未熟なため食べ物から取りましょう。成長ホルモンの分泌促進や筋肉の修復と疲労回復、免疫力アップなどの働きをスムーズに行うためにもアルギニンが必要です。

3.アルギニンの摂取には特にサプリメントを使う必要はありません

食べ物でアルギニン不足を補って体の働きを維持することが望ましいため、サプリメントの利用を特に考える必要はありません。サプリメントでは栄養素が単一になるため、取りすぎによる健康への影響が心配されるためです。

4.アルギニンの働きをスムーズにするためには生活習慣の改善もおすすめです

取ったアルギニンを十分生かすために生活習慣を整えて健康的な体作りをしておきましょう。そのためには夜更かししない・栄養バランスの良い食事を取る・ストレス発散することがポイントです。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

 

経歴
2003 年 富山県立富山中部高等学校卒業
2011 年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2011 年 順天堂医院 初期研修医
2013 年 順天堂医院 初期研修修了
2013 年 順天堂医院 整形外科入局
2014 年 順天堂大学大学院 整形外科学講座
2013-2018 年 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
2018 年 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
2018 年 順天堂大学大学院 医学博士取得
2018 年 SBCグループ・西新宿整形外科 入職
2018 年 西新宿整形外科  医院長
2019 年 ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師