子供の身長を伸ばすためにおすすめの飲み物の一つは牛乳です


子供の身長を伸ばすためにはバランスよく栄養を十分取ることが大切で、その時に適した飲み物には豊富な栄養をバランスよく含んでいる牛乳があります。
牛乳を毎日適度に継続して飲みつつ、夜しっかり眠ることで成長ホルモンの分泌がスムーズになると子供の身長を伸ばす役に立ちます。

このように身長を伸ばすためにうれしい飲み物を飲むなど生活習慣を改善しても、あまりお子さんの身長が高くならない時には何らかの原因があるかもしれません。
不安を感じる時は整形外科で身長が伸びないことについて相談してみましょう。

牛乳はあらゆる栄養素を豊富に含んだ理想的な飲み物です

保育園や幼稚園、小中学校では給食に牛乳が毎日出されるところが多いですが、牛乳は子供の身長を伸ばすために役立つあらゆる栄養素が豊富に含まれた飲み物だからです。
具体的に含まれている栄養素をあげると、脂肪・たんぱく質・炭水化物・ミネラル・ビタミンなどですが、どれも子供の体の成長には欠かせない栄養素のため毎日飲むように勧められています。

ちなみに子供が飲む牛乳の目安量は500mlほどで、牛乳だけに搾らずあらゆる食品から必要な栄養素を取るようにしましょう。
もし牛乳をそのまま飲むとお腹の調子が悪くなりやすい場合は乳製品を取ることもおすすめで、ヨーグルトやチーズなどになっていると消化しにくい乳糖という炭水化物の一種の量が減るため、腹痛などが起こりにくくなります。
しかし牛乳アレルギーがある場合、無理に飲むことは避けて代わりに豆乳を飲むことや食事で積極的に栄養を取ることを心がけましょう。

成長ホルモンの分泌が最も多い夜の睡眠時間をしっかり取りましょう


牛乳を毎日飲む習慣が身に付いたり、栄養バランスよく食事を取るようにしたりするだけでなく、毎日の睡眠時間を十分に取ることも合わせて気を付けてあげましょう。
身長を伸ばすために栄養豊富な飲み物を飲むことも大切ですが、生活する中で最も成長ホルモンの分泌量が多くなる夜の睡眠時間をしっかり確保することも身長を伸ばすためには欠かせないポイントです。

成長ホルモンが十分に分泌されると身長を伸ばす働きが促進されるため、日中に飲み物などからしっかりとった栄養素を生かして骨を伸ばし、背を高くするよう働くからです。
しかし十分な栄養があっても成長ホルモンが不足すれば身長が伸びにくくなるため、夜によく眠るようにしましょう。

目標とする睡眠時間は、小学校低学年以下は10時間以上高学年から中学生は9時間以上です。
現代の子供たちの多くがこれより1時間以上短くなっているため、習い事や部活など忙しい中でも、睡眠を優先した生活が送れるように配慮してあげることが身長を伸ばすことにつながります。

生活の仕方を改善しても身長が伸びてこない時は整形外科へ出かけてみましょう

子供の身長を伸ばすために牛乳など栄養豊富な飲み物を飲んだり、十分な睡眠時間を取るようにしたりと、生活習慣を改善しても身長が全く伸びない時には何か原因があるかもしれません。
お子さんの身長について心配なことがある時は、整形外科で専門医に相談すると原因が明らかになることもあります。

まず、低身長の専門医がいる整形外科を受診すると、問診や検査を行ってなぜ身長が伸びにくいのかを調べていき、その結果やご希望に添った施術内容が提案されます。
成長ホルモン療法を行っているクリニックでは、誰しもがその施術を受けられるわけでなく、必要性や効果への期待によって提案するかどうかを医師が判断するのです。
もし病気などの原因がなかったとしてもお子さんにとって成長の妨げとなりかねないコンプレックスになっている場合には、必要性を見極めて成長ホルモン療法を受けられることもあります。

成長ホルモン療法についてクリニックにより方針の違いがあるため、広く対応しているクリニックを選ぶとコンプレックスの解消もしやすくなるでしょう。

(まとめ)子供の身長を伸ばすのにおすすめの飲み物は?

1.子供の身長を伸ばすためにおすすめの飲み物のひとつは牛乳です

子供の身長を伸ばしたい時におすすめの飲み物は、豊富な栄養素がバランスよく含まれている牛乳です。ただし牛乳に限らずあらゆる食品から栄養素を取って、夜は成長ホルモンの分泌を促すためにもしっかり睡眠時間を取りましょう。

2.牛乳はあらゆる栄養素を豊富に含んだ理想的な飲み物です

学校などで毎日給食の中に牛乳が出されていますが、これは牛乳にバランスよく栄養素が含まれているためです。子供が1日に飲む牛乳の目安量は500mlほどで、飲み物に偏らずあらゆる食品からバランスよく栄養を取りましょう。

3.成長ホルモンの分泌が最も多い夜の睡眠時間をしっかり取りましょう

栄養豊富な飲み物を飲むだけでなく、夜しっかり眠ることも身長を伸ばすためには欠かせないことです。夜の睡眠中に最も多く成長ホルモンが分泌されることから、例えば小学生は9~10時間の睡眠を取るようにしましょう。

4.生活の仕方を改善しても身長が伸びてこない時は整形外科へ出かけてみましょう

飲み物や睡眠時間など生活習慣を改善してもお子さんの身長に変化がない時は、整形外科で相談し原因を探ってみましょう。問診や検査結果に基づいて必要な施術が提案されますが、そのひとつに成長ホルモン療法により身長を伸ばすという施術があります。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師