タバコ、肥満、過度なストレス

子供の身長の伸びには、成長ホルモンが欠かせませんが、その分泌量は、生活習慣によっても左右されます。
そこで今回は、成長ホルモンの分泌を「妨げる要因」と「促すために必要なこと」に分けてご紹介していきます。

身長が伸びない要因を排除しよう

身長が伸びるのは、骨が伸びるからですが、具体的には、子供の骨にある「骨端線(成長線)」という軟骨層の細胞が増殖することで、骨が大きくなっていきます。
そして、この軟骨層を増殖させているのが「成長ホルモン」です。
ですから、子供の身長を伸ばすためには、成長ホルモンをしっかり分泌させることが重要です。
そのためには、このホルモンの分泌を妨げる要因は排除する必要があります。
それではここから、成長ホルモンの分泌を妨げる要因に、どのようなものがあるのかを見ていきましょう。

タバコ

タバコは、「百害あって一利無し」といわれるほど、健康を害することが知られていますが、成長ホルモンの分泌にも、悪影響を及ぼします。
それは、タバコを吸うことで発生する「一酸化炭素」によって、脳が酸素不足に陥ってしまうから。成長ホルモンは、脳の脳下垂体から分泌されるので、脳が酸素不足になると、その分泌が妨げられてしまうのです。

未成年の喫煙はもってのほかですが、それだけでなく、周りの人が吸ったタバコの煙も、子供の成長に悪影響を及ぼします。
喫煙をしている親御さんは、子供の近くでは、タバコを吸わないようにしてあげてください。

肥満

私たちの体には、余ったエネルギーを脂肪として蓄える「脂肪細胞」が存在しています。
肥満になると、この脂肪細胞がふくらんで、そこから、体に悪影響を及ぼすさまざまな物質が分泌され、成長ホルモンの分泌が阻害されてしまいます。
お子さんが過度な肥満の場合は、よく噛んで食べさせる、砂糖の多いジュースや清涼飲料水などを飲ませない、食後にゴロゴロさせないなど、肥満の解消に努めましょう。

過度なストレス

精神状態の悪化や、過度なストレスは、成長ホルモンの分泌量を減らしてしまうといわれています。
また成長ホルモンは、熟睡しているときに、たくさん分泌されるので、不安や悩みを抱えていて夜眠れなくなると、その分泌量が低下してしまいます。
言葉で伝えてくれなくても、子供はストレスを感じていると、怒りっぽくなったり、親のそばを離れなくなったりするなど、なんらかの変化を見せるものです。
そういったサインに気づけるように、日頃から、お子さんに、よく目を向けていてあげてください。

身長が伸びやすい体をつくろう

成長ホルモンをしっかり分泌させ、身長をすくすくと伸ばすためには、次のようなことを心がけ、規則正しい生活を送ることが何よりも大切です。

睡眠時間

成長ホルモンの約 3 分の 2 は、睡眠中に分泌されるといわれており、睡眠は、子供の身長を伸ばす上で、欠かせない重要な要素です。
子供に必要な睡眠時間は、幼児( 6 歳まで)で 10 時間以上、小学生は 9 ~ 10 時間程度、中学生は 8 ~ 9 時間程度、高校生以上は 7 ~ 8 時間程度といわれているので、これを目安に、十分な睡眠をとらせるようにしましょう。

早寝早起き

私たちの体には、「体内時計」が備わっているので、暗くなれば寝て、明るくなれば起き、日中は活動的に過ごすというのが、体の機能を最大限に活かせる生活リズムです。
また体内時計は、約 25 時間周期ですが、朝の光を浴びることで、体内時計のズレをリセットすることができます。

バランスのよい食事

子供の成長には、炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維をまんべくなく摂ることが大切です。
朝、昼、晩と 1 日 3 食の食事で必要な栄養素をバランスよく摂るようにしましょう。

適度な遊びや運動

適度な運動は成長ホルモンの分泌を促します。
また、日中体をしっかり動かすことで、夜は自然に眠くなり、熟睡しやすくなります。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
川原 昭久医師
かわはら あきひさ/Akihisa Kawahara
経歴
福島県立医科大学 医学部 卒業
平塚共済病院 臨床研修医
昭和大学藤が丘病院 整形外科 入局
下記 昭和大学藤が丘病院関連施設にて勤務・研修
東戸塚記念病院、横浜新都市脳神経外科病院、横浜旭中央病院、海老名総合病院、山梨赤十字病院、戸塚共立リハビリテーション病院、相模野病院
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
下田総合病院
西新宿整形外科クリニック 医院長に就任
ロコモアドバイスドクター 就任(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 川原 昭久医師