身長を伸ばすのに筋肉の有無は関係しないと考えられています


筋肉をつけると身長が伸びないという話に医学的根拠はありません。
筋肉がついた量によって身長の伸び具合に変化があるわけではなく、筋肉がついていても身長を伸ばすことは可能です。

柔らかい筋肉であれば身長が伸びやすく、反対に硬い筋肉をつけてしまうと身長が伸びにくくなるという意見もあります。
身長と筋肉の関連性は筋肉の量ではなく、筋肉の質が大きく影響してくると考えられています。

筋肉がついていると身長が伸びないと言われる理由があります

筋肉がついていると身長が伸びないと言われる理由は、「骨の成長に重要な関節に過剰な負荷をかけてはいけない」という表現が誤解されて広まった可能性があります。
一般的に激しい運動は関節に負担がかかるとされているため、「負担をかけてはいけない」 が 「激しい運動は良くない」 という意味に取られ、やがて 「筋肉をつけない方が良い」というように元の意味合いから変化してしまったと考えられています。

身長が伸びるには骨が伸びる必要がありますが、骨は全体が伸びるのではなく、関節に近い部分が伸びます。骨が伸びる力はとても強いため、筋肉が骨の成長を抑制することはありません。
むしろ運動によって成長ホルモンが分泌されるので、本来身体を動かすことは身長を伸ばすのに効果的であると言えます。

しかしあまりも関節に負担をかけ過ぎてしまうと、骨が伸びにくくなるという意見もあります。

身長を伸ばすために筋肉のケアをしてあげましょう


筋肉をつけ過ぎると身長を伸ばせないのではないかと考える方もいらっしゃいますが、そのようなことはありません。
お子さんが習い事や部活でサッカーや野球、水泳などの筋肉がつきやすい激しい運動に励んでいても、身長を伸ばすことは可能です。

思春期を迎える時期が早いと成長期が早く終わり、身長が伸びる時期も早く過ぎてしまう傾向があると言われていますが、筋肉がついていることと身長の伸び方に、関連性はないと考えられています。
あまりにも激しい運動をした後に一時的に食欲がなくなったり、睡眠が浅くなったりすることはあるでしょう。
疲れが翌日以降も残ってしまい、日常生活にも支障が出てしまうような場合は、間接的に身長の伸びを妨げることがあると言われています。

あまり無理はさせず、激しい運動の後には睡眠や食事の面などでサポートをしてあげるようにしましょう。スポーツはあくまで楽しみながら続けさせていくことが大切です。

成長期の子どもは1年に5~10cmほど身長が伸びる時期があります。
この時に筋肉が凝り固まった状態でいると、身長が伸びづらくなることがあると考えられています。

骨の成長に筋肉がついていけないと成長痛となって痛みが表れてくることもあるので、日常的なストレッチで筋肉をほぐしてあげると良いでしょう。

お子さん向けの筋肉を柔らかくするためのストレッチを実践しましょう

自宅でも実行できるストレッチを取り入れて、お子さんの身長を伸ばすための習慣を身につけましょう。どれも簡単に取り組めるものばかりですので、親子で一緒に楽しみながら続けるのもおすすめです。

背伸び

身体が丸まっていると、ストレッチの効果が発揮されないので、まずは背伸びをして全身を一気に伸ばしましょう。両手を組んだ状態でバンザイをしながら手足を遠くに伸ばします。
肩やももに力を入れ過ぎず、リラックスすることを心がけましょう。

胸のストレッチ

肩の力を抜き、背中が丸まらないように注意しながら両手を組んで後ろへ伸ばします。
手を遠くへ伸ばすことで胸が外側へ引っ張られ、胸の筋肉の緊張をほぐします。

背中のストレッチ

四つん這いの状態からお尻をかかとに向けて下ろし、重心を後方へ移動させます。
顔を床面に近づけ、背中がしっかり伸びていることを意識しましょう。

この3つのストレッチ以外にも、身長を伸ばすために筋肉をほぐすストレッチはいくつもあります。
より効果的なストレッチ方法について知りたい場合は、子どもの身長に詳しいクリニックを訪ねてみるのも良いでしょう。

(まとめ)身長を伸ばすには筋肉をつけると良くないって本当?

1.身長を伸ばすのに筋肉の有無は関係しないと考えられています

筋肉があると身長が伸びないという考え方に医学的根拠はありません。
筋肉の量ではなく筋肉の質によって、身長の伸び方に影響が出てくると考えられています。
硬い筋肉よりも、柔らかい筋肉の方が身長が伸びやすいとされています。

2.筋肉がついていると身長が伸びないと言われる理由があります

筋肉があると身長が伸びにくいと言われるのは、骨の成長に重要な関節に過剰な負荷をかけてはいけないという表現が誤解されて広まったためです。
運動によって成長ホルモンが分泌されるため、本来身体を動かすことは身長を伸ばすのに効果的であると言えます。

3.身長を伸ばすために筋肉のケアをしてあげましょう

お子さんがサッカーや野球、水泳などの激しい運動によって筋肉がついていても身長を伸ばすことは可能です。食事など面で身体のケアをしてあげること、何より楽しみながら続けさせてあげることが大切です。

4.お子さん向けの筋肉を柔らかくするためのストレッチを実践しましょう

筋肉を柔らかくするストレッチは、お子さんの身長を伸ばすためのサポート的役割を果たします。
親子で一緒に取り組むなどし、楽しみながら日々の習慣として続けてみましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師