身長を伸ばすウォーキングのポイントは無理なく継続することです


ウォーキングは身長を伸ばすために有効な運動の一つと考えられますが、翌日に疲労を引きずるほどハードに行った場合は、逆効果になりかねません。
楽しみながら伸び伸びと身体を動かすことを重視して、適度な範囲に留めましょう。

体育でたくさん身体を動かした日はウォーキングをお休みする、宿題が多くて時間がない日は無理をしないといったペース配分も考えてください。

成長ホルモン分泌を促すために適度な運動が大切です

ウォーキングのような適度な運動を日常的に行うことによって成長ホルモン分泌が促進されて、身長を伸ばす効果が期待されます。
運動することでお腹も減るため、食が細い子でも自然に食事量が増えることもメリットでしょう。

十分な栄養摂取は成長にとって欠かせない要素の1つですから、ウォーキングとの相乗効果を発揮して、身長が伸びるベースを作ってくれます。
全身運動を通して骨に刺激を与える運動が望ましいとされるため、軽めのジョギング、ダンス、球技といったウォーキング以外の取組みでも大丈夫です。

身長を伸ばすだけでなく心身の健康維持にも貢献し、子どもの元気な発育を促すなどメリットが多々あります。
「わざわざ運動しなくても子どもはたくさん身体を動かしている」と考えるのは誤った認識です。
意識的に歩く場面を作らないことによって、運動不足になりがちとも言われています。

そのため、週に1回や2回からでも親が一緒になってウォーキングに出かけるなどもおすすめです。

身体を動かす楽しさを覚えてもらって、健やかな成長を促す取組みが求められます。

成長過程に合わせた運動レベルを設定します


子どもの好きな運動ならウォーキング以外でも構わないとは言え、成長過程に合わせたレベル設定は必要です。
ハードなウェイトトレーニング、重量投げといったハードな運動を行うとこれから伸びようとしている骨を損傷してしまって、身長が伸びない原因とされます。

また、心臓や肺が大きく発達していくのは、12歳くらいになってからの期間です。
心肺機能がしっかりしていないうちに長距離のランニングをこなしたり険しい山登りに連れていったりすることも、負担をかける要因でしょう。

身長をコンプレックスに感じている子どもに「運動を頑張れば背が伸びる」といったアドバイスを行えば、無理なトレーニングを加速させるケースもあります。
週に何回、どんな運動を行うのかを親子でよく話し合って、頑張り過ぎと考えられる状況なら、早めにストップをかける配慮も必要です。

クラブ活動、体育の授業で行っている運動についても必要に応じて話を聞き、成長過程にふさわしい負荷へと調整しましょう。

ウォーキングを通して姿勢が良くなることもメリットです

ウォーキングのような全身運動を継続すると、背骨や肩甲骨、骨盤といった体幹を支える筋肉が強化されて、普段の姿勢を良くする効果が得られます。
姿勢が良くなると内臓の負担が減って消化吸収がスムーズになったり猫背が改善されて血行が良くなったりと、成長を後押しする効果も出てくるもので\\す。

姿勢を改善するだけでも身長が伸びる子もいると言われるほど成長のカギを握る要素ですが、心がけだけではなかなか癖が抜けません。
ウォーキング中に正しい姿勢で歩くことから始めて普段の立ち方、座り方も改善していけば、身長が伸びやすい環境を習慣づけることができます。

すぐに身長が伸びることはなくても、正しい姿勢でいるだけで、見た目の印象が変わるものです。
子どもにも良い姿勢でいることのメリットを分かりやすく説明、背筋が曲がっていると良くないことを学習させる必要があります。
ウォーキングを始めてから姿勢が良くなったように感じたら「最近ちゃんと座れているね」など、言葉に出して褒めてあげると良いでしょう。

子どものちょっとした変化にも敏感になって、モチベーションを高めるサポートは大切です。
全身運動を通して骨に刺激を与える運動が望ましいとされるため、軽めのジョギング、ダンス、球技といったウォーキング以外の取組みでも大丈夫です。
身長を伸ばすだけでなく心身の健康維持にも貢献、子どもの元気な発育を促すなどメリットが多々あります。

「わざわざ運動しなくても子どもはたくさん身体を動かしている」と考えるのは誤った認識です。
意識的に歩く場面を作らないことによって、運動不足になりがちとも言われています。
そのため、週に1回や2回からでも親が一緒になってウォーキングに出かけるなどもおすすめです。

身体を動かす楽しさを覚えてもらって、健やかな成長を促す取組みが求められます。

成長過程に合わせた運動レベルを設定します

子どもの好きな運動ならウォーキング以外でも構わないとは言え、成長過程に合わせたレベル設定は必要です。
ハードなウェイトトレーニング、重量投げといったハードな運動を行うとこれから伸びようとしている骨を損傷してしまって、身長が伸びない原因とされます。

また、心臓や肺が大きく発達していくのは、12歳くらいになってからの期間です。
心肺機能がしっかりしていないうちに長距離のランニングをこなしたり険しい山登りに連れていったりすることも、負担をかける要因でしょう。

身長をコンプレックスに感じている子どもに「運動を頑張れば背が伸びる」といったアドバイスを行えば、無理なトレーニングを加速させるケースもあります。
週に何回、どんな運動を行うのかを親子でよく話し合って、頑張り過ぎと考えられる状況なら、早めにストップをかける配慮も必要です。

クラブ活動、体育の授業で行っている運動についても必要に応じて話を聞き、成長過程にふさわしい負荷へと調整しましょう。

ウォーキングを通して姿勢が良くなることもメリットです

ウォーキングのような全身運動を継続すると、背骨や肩甲骨、骨盤といった体幹を支える筋肉が強化されて、普段の姿勢を良くする効果が得られます。
姿勢が良くなると内臓の負担が減って消化吸収がスムーズになったり猫背が改善されて血行が良くなったりと、成長を後押しする効果も出てくるものです。

姿勢を改善するだけでも身長が伸びる子もいると言われるほど成長のカギを握る要素ですが、心がけだけではなかなか癖が抜けません。
ウォーキング中に正しい姿勢で歩くことから始めて普段の立ち方、座り方も改善していけば、身長が伸びやすい環境を習慣づけることができます。
すぐに身長が伸びることはなくても、正しい姿勢でいるだけで、見た目の印象が変わるものです。

子どもにも良い姿勢でいることのメリットを分かりやすく説明、背筋が曲がっていると良くないことを学習させる必要があります。
ウォーキングを始めてから姿勢が良くなったように感じたら「最近ちゃんと座れているね」など、言葉に出して褒めてあげると良いでしょう。

子どものちょっとした変化にも敏感になって、モチベーションを高めるサポートは大切です。

(まとめ)身長を伸ばすウォーキングのポイントは?

1.身長を伸ばすウォーキングのポイントは無理なく継続することです

ウォーキングの距離が長過ぎたり、息があがっているのに歩き続けるように強制したりといったストイックな取組みは、逆効果になりかねません。自分から「歩きに行こう」と思えるくらい楽しく継続することこそ、身長を伸ばすポイントと理解しましょう。

2.成長ホルモン分泌を促すために適度な運動が大切です

ウォーキングに限ったことではなく、適度な運動をすることによって成長ホルモン分泌をサポート、身長を伸ばす効果が期待されます。十分な睡眠、栄養バランスのとれた食事と他の要素との相乗効果も、身長を伸ばすために考慮したいポイントです。

3.成長過程に合わせた運動レベルを設定します

成長期の子どもは身体ができていく過渡期にあって、年齢や性別、体力水準に合わせた負荷の調整が望ましいとされています。
心肺機能が高まっていくのは12歳くらいからとも言われるため、大人に準じた長距離走や山登りは控えましょう。

4.ウォーキングを通して姿勢が良くなることもメリットです

ウォーキングが身長を伸ばす要素と言われる理由の1つに、姿勢を良くする効果があげられます。正しい歩き姿勢を覚えることから体幹がしっかりとして座り姿勢、立ち姿勢が改善されると、身長が伸びることもあると理解しましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師