亜鉛はサプリで取るよりも毎日の食事から子供に取らせた方がよいでしょう


不足しがちな亜鉛ですが食品から取ることがおすすめで、サプリを積極的に使うことは控えた方がよいでしょう。
合わせてタンパク質も十分取ることで、体内でのタンパク質合成が進み身長の伸び方に役立ちます。

サプリを使う場合、取りすぎると吐き気やおう吐などの症状が出ることもあるため摂取量の目安を守るようにします。
もし亜鉛とタンパク質をしっかり取っていても子供の身長の伸び方が心配であれば、専門医療機関で診察を受けてみましょう。

亜鉛の豊富な食品を日々の食事で取りましょう

亜鉛は子供の成長に欠かせないミネラルの一種で、サプリを利用し積極的に取る必要はありませんが、適度に毎日の食事から取るようにしましょう。

タンパク質の合成に欠かせない

亜鉛はホルモンなどの元になるタンパク質や遺伝子をつくるための酵素に必要なミネラルで、骨の成長にも関わるものです。
それだけではなく亜鉛が不足すると味覚障害になる恐れがあり、味がわかりにくくなれば食欲が落ちる原因にもなります。
成長期の子供にとって食べ物による栄養補給は大切なので、食欲が十分あることは大切です。

亜鉛の豊富な食べ物を取り入れる

亜鉛を多く含む食品には、カキ・和牛もも肉・豚レバーなどがあげられますが、普段からあまり摂る機会のない食べ物もあります。
そのためメニューに使いやすい身近な食品をバランス良く取ると便利で、その食品には豚もも肉・納豆・ホタテ貝・アーモンド・高野豆腐・鶏ささみがおすすめです。

食品添加物を取りすぎない

せっかく取った亜鉛も食品添加物のために体外へ排出されてしまいやすいことから、添加物を多く取らないメニューも心がけましょう。

サプリメントは使い方に注意が必要です


子供の成長のため、亜鉛不足にならないようにするあまり、本当に不足しているかわからないままサプリを飲ませることは避けた方が安心です。

サプリメントは取りすぎの心配がある

亜鉛のサプリも販売されていますが、サプリに頼ってしまうと摂りすぎになる恐れがあります。
すると、吐き気・おう吐・腹痛・下痢・低血圧などの症状が現れる場合もあるものの風邪などの体調不良と症状が似ていることから、気づかれないことも少なくありません。

亜鉛は摂れば摂っただけでよい成分ではないため、食事から適度に摂る量にとどめておくことがおすすめです。

亜鉛の摂取量の目安

亜鉛の摂取量の目安は1日あたり15mgと米国ではいわれており、育ち盛りの子供はこの量を下回らないようにしますが、摂りすぎには注意が必要です。
ちなみに日本人の平均摂取量は1日あたり9mgといわれるため、残りの6mgを亜鉛の豊富な食品をプラスすることで補いましょう。

亜鉛だけでなくタンパク質の十分な摂取も必要です

成長期の子供の背を高くするためには、亜鉛だけでなくしっかりタンパク質を取ることが必要で、両方をきちんと取ることで十分な成長が期待できます。

子供の身長を伸ばすために不可欠

子供の成長にタンパク質が欠かせない理由は、骨を伸ばす時にあり、骨の軟骨細胞が増えることで長くなります。
そして石灰化して硬い骨となることを繰り返して身長を伸ばしていくのです。

亜鉛とタンパク質を合わせて取る

体内でタンパク質をつくるために必要な亜鉛ですが、タンパク質がなければ合成することはできないため、毎日十分取るようにしましょう。
タンパク質も食事で摂ることがおすすめですが、より多く摂らせようとサプリを利用する人もいますが、タンパク質を摂りすぎると内臓に負担がかかったり太りすぎたりする心配があります。

そのため摂りすぎやすいサプリを利用するより、食べ物から摂る方が安心だといえます。

十分摂っていても身長が気になる時

亜鉛もタンパク質も不足していないバランスのよい食事を取っていても、なかなか子供の身長が伸びなければ専門機関へ早めに出かけてみましょう。
身長の伸び方について専門医と相談すれば、子供の身長を伸ばすためのアドバイスや施術の方法を紹介されます。

(まとめ)子供に亜鉛をサプリで摂らせてもいいの?

1.亜鉛はサプリで摂るよりも毎日の食事から子供に摂らせた方がよいでしょう

子供の成長のために亜鉛を補う時はサプリよりも食品から摂った方が安心です。
サプリで亜鉛を取ると場合によって取りすぎになることもあるため注意が必要で、もし亜鉛とタンパク質をきちんと取っていても背が伸びなければ専門医に相談しましょう。

2.亜鉛の豊富な食品を日々の食事で摂りましょう

子供の身長が伸びるにはタンパク質合成に関わる亜鉛も必要ですが、サプリに頼らず食品から摂れば十分でしょう。
身近な食品で亜鉛を多く含むものを毎日の食事に取り入れて上手に摂りましょう。

3.サプリメントは使い方に注意が必要です

亜鉛不足を心配して足りているにも関わらずサプリを子供に飲ませることは控えましょう。
亜鉛の摂りすぎで吐き気やおう吐などの症状が現れることがあり、1日あたりの摂取量を目安に大きくこえないことです。

4.亜鉛だけでなくタンパク質の十分な摂取も必要です

子供の身長を伸ばすためには、体内でタンパク質を合成する必要があり亜鉛だけでなくタンパク質も十分取ることが必要です。
しかし、それでも身長があまり伸びてこず心配がある時は専門医療機関で診てもらいましょう。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe

 

経歴
2003 年 富山県立富山中部高等学校卒業
2011 年 金沢医科大学医学部医学科卒業
2011 年 順天堂医院 初期研修医
2013 年 順天堂医院 初期研修修了
2013 年 順天堂医院 整形外科入局
2014 年 順天堂大学大学院 整形外科学講座
2013-2018 年 下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
2018 年 日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
2018 年 順天堂大学大学院 医学博士取得
2018 年 SBCグループ・西新宿整形外科 入職
2018 年 西新宿整形外科  医院長
2019 年 ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師