成長期は自律神経が乱れやすい時期です


成長期には身体の急激な成長に自律神経の成長が追いつかないため、自律神経が乱れやすくなると言われています。さらに人間関係や勉強など多くのストレスを感じやすい時期でもあるため、自律神経は乱れてしまうと言われているのです。

自律神経が乱れることで立ちくらみや疲れやすさなどの症状が起こりすくなります。自律神経を整えるためには、休息や傾聴など心を落ち着かせることが大切です。

成長期には多くのストレスを抱えています

大人が考えている以上に、成長期の子供は多くのストレスを抱えていると言われています。それは、身体面や生活環境など多くの変化が成長期に訪れるからだと考えられています。

たとえば成長期には身体の急激な変化によってホルモンバランスが乱れ、自律神経のバランスが崩れやすくなるのです。さらに人間関係が複雑になる時期でもあり、心が不安定になりやすいと言われています。

ホルモンバランスの崩れやストレスなどが原因となり自律神経が乱れると考えられています。自律神経とは交感神経と副交感神経があり、さまざまな活動を調整するための神経です。

交感神経とは身体の活動する際に活発となり、副交感神経は安静時など夜に活発となる神経です。これら2つの神経がバランス良く働くことで、循環器、消化器、呼吸器などの活動が安定して働くことが出来ます。

反対に2つの神経のバランスが崩れると、身体に多くの不調が現れることがあります。そのため自律神経を整えることが大切になってくるのです。

自律神経の乱れによって、立ちくらみなどの症状が現れます


成長期に自律神経が乱れてしまうと、さまざまな体調の変化が現れます。

起立性調整障害

自律神経の異常によって、循環器系の調整が正しく行えていない状態の疾患です。

立ちくらみやめまい、長時間立っていることができない、倦怠感などの症状が起こります。生活に支障をきたしている場合には、早めに検査を受けるようにしてください。

この疾患を有している子供のおよそ3分の2が不登校という報告もあります。

自律神経失調症

成長期の子供だけでなく、大人も発症している場合が多いと言われています。

頭痛、だるい、吐き気、下痢、便秘、怒りっぽくなるなどさまざまな症状が現れてくるのです。同じような症状を呈する疾患もあるため、他の疾患との鑑別が大切になります。

他にも自律神経が乱れることで、食欲低下や朝起きられないなどの症状も起こります。そのため不定愁訴と呼ばれる原因不明の状態と判断されることがあるのです。

自律神経を整えるためには、心を落ち着かせることが大切です

成長期の子供の自律神経が乱れた際に生じる体調不良は、目に見えるものではありません。そのため親としては、サボっているように見えることがあります。

「しっかりしなさい」などと叱りつけてしまうと、子供は寄り添う相手がいなくなってしまい症状を悪化させる可能性があります。反対に「体調が悪いなら、寝ていなさい」と放置するのも良くありません。

放置してしまうと、登校拒否など学校に行けるときにも行かなくなります。自律神経の乱れは、成長期の子供にとっても苦しい症状です。

なぜこのような症状が起こるのか、不安で仕方ない状態です。まずは、しっかり症状を聞くようにしてください。

丁寧に症状を聞くことで、安心感を与え心を落ち着かせることが出来ます。また何がストレスの原因になっているか把握することが大切です。
ストレスの原因になっている事柄を取り除くようにしましょう。さらに自信を持たせることも必要です。

症状が続く場合には不定愁訴と疑わずに、必ず病院に相談するようにしましょう。自律神経の乱れが原因ではなく、別の病気の場合もあります。

たとえば甲状腺機能低下症も同じように倦怠感や疲れやすさなどの症状が現れます。早めに検査するように心がけてください。

(まとめ)成長期に自律神経は乱れやすいの?

1.成長期は自律神経が乱れやすい時期です

多くの原因によって、成長期は自律神経が乱れやすくなると言われています。自律神経が乱れることで、立ちくらみや疲れやすさなどの症状が起こりやすくなります。

自律神経を整えるためには、心を落ち着かせることが大切です。

2.成長期には多くのストレスを抱えています

成長期の子供は多くのストレスを抱えています。身体の急激な変化や人間関係など多くの原因によって、自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

交感神経と副交感神経がバランス良く働くことで、あらゆる人体の活動が活発に働くようになります。

3.自律神経の乱れによって、立ちくらみなどの症状が現れます

自律神経が乱れてしまうと、体調の変化が現れます。立ちくらみやめまい、倦怠感などの症状を呈する起立性調整障害などが起こるでしょう。

他にも怒りっぽくなるなどの症状も現れます。症状が似ている他の病気の場合もあるため、鑑別診断を受けましょう。

4.自律神経を整えるためには、心を落ち着かせることが大切です

子供の自律神経の乱れは、対応を間違えると症状を悪化させる可能性があります。傾聴し安心感を与え、心を落ち着かせるようにしましょう。

ストレスの原因を取り除くことも大切です。また病院を受診し、他の病気がないか検査するようにしてください。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師