成長ホルモンはタンパク質合成を促進する働きがあります


タンパク質を取れば取るほど成長ホルモンが分泌されるのではありません。
成長ホルモンは、摂取したタンパク質を筋肉などにして体をつくる働きをします。

そのことから、十分なタンパク質を取った状態で成長ホルモンが分泌されれば身長を伸ばしやすくなると言えます。

そして骨を伸ばすときに成長するのは軟骨細胞で、それをつくっているのはタンパク質であることから、身長を伸ばしたいときにはしっかりタンパク質を取っておく必要があります。
また成長ホルモンもタンパク質を合成してつくられているため、十分なタンパク質を取ることは欠かせないのです。

成長ホルモンはタンパク質を合成して身長を伸ばします

成長ホルモンはタンパク質を合成する働きや子どもの骨を伸ばす働きを持っています。
その働きをよりスムーズに行うためにはタンパク質だけでなく、合成に必要な亜鉛もしっかりと取りましょう。

骨端線は軟骨細胞でできている

骨が伸びる部分である「骨端線」は軟骨細胞でできており、これはタンパク質でつくられています。
骨をつくるといえばカルシウムと思いがちですが、骨を伸ばそうとするときは軟骨細胞を合成する必要があるので、十分なタンパク質が欠かせないのです。

ちなみにカルシウムは、タンパク質でできあがった軟骨細胞の層を硬く強くするために使われる成分で、まずは軟骨細胞の層をしっかりつくることが必要になります。

タンパク質を毎日の食事で十分に取りましょう


お子さんの身長を伸ばしたいとき、タンパク質を十分取ることのできるメニューを毎日心がけてあげましょう。
そしてタンパク質を合成するには亜鉛も必要になるので、亜鉛もきちんと取ることがおすすめです。

たとえば朝食は、納豆やみそ汁、卵焼き、焼き魚でタンパク質を取れるようにしましょう。
昼食は栄養バランスの取れた給食が幼稚園や小学校で提供されている場合は残さず食べるようにさせることです。

夕食は肉や魚、大豆製品を使ったメニューを取り入れれば和食でも洋食でも構いません。
ほかにも、タンパク質を取るチャンスは間食にあり、甘い物やスナック菓子になりがちなところを、ナッツ類や肉をたっぷり使ったお好み焼きなどに変えるとタンパク質の摂取量をぐっと高くすることができます。

そしてタンパク質の合成に欠かせない亜鉛は煮干しやするめ、ビーフジャーキー、ナッツなどに多く含まれているため、メニューのトッピングに使ったり間食に用いたりすることもおすすめです。
牛乳にも亜鉛が含まれているので、給食だけでなくおやつのときにも飲ませてあげると良いでしょう。
主食ではパンよりも米の方が亜鉛を多く含んでいるので、主食はご飯にすることをおすすめします。

十分な睡眠時間もタンパク質のようにしっかり取りましょう

成長ホルモンの分泌は寝ている間に行われるため、しっかりと睡眠時間を取ることがポイントになります。
成長ホルモンを不足なく分泌させて身長を伸ばそうとお考えなら、たとえば小学校低学年までは10時間程度、それ以上で高学年までは9時間半程度の睡眠を取らせてあげるようにしましょう。

成長ホルモンは睡眠時間のうち眠り始めの3時間に最も多く分泌されることから、寝初めより深い眠りにつければより多くの成長ホルモンが分泌されると期待できます。
深い眠りにつくことができ、しかも9時間半から10時間という十分な睡眠を取ることを継続できれば、お子さんの身長を伸ばしていけるのではないでしょうか。

それから、寝初めより深く眠っていくためには寝る前のリラックスタイムを取り、心身を落ち着かせる時間をつくることがおすすめです。
たとえば寝る2~3時間前にはスマホやゲーム、テレビを見ることをやめて、適度に体を動かすストレッチを行ってみましょう。

運動による程よい疲れも質の良い睡眠を導いてくれるだけでなく、運動後には成長ホルモンが分泌されやすくなると言われています。
また、食事を寝る前2~時間は取らないで空腹状態にし、眠りにつくことも質の良い睡眠にするためのポイントです。

(まとめ)タンパク質をたくさん取ると成長ホルモンが増えるの?

1.成長ホルモンはタンパク質合成を促進する働きがあります

タンパク質の合成を促進する働きを成長ホルモンは持っており、どちらが不足しても身長が伸びにくくなる可能性があります。骨が伸びる部分は軟骨細胞でできているため、身長を伸ばすには十分なタンパク質と成長ホルモンが必要です。

2.成長ホルモンはタンパク質を合成して身長を伸ばします

成長ホルモンはタンパク質を合成し身長を伸ばす役に立つものですが、タンパク質合成に必要な亜鉛も一緒に取りましょう。骨が伸びるとき軟骨細胞をつくるため、カルシウムではなくたくさんのタンパク質が必要になるのです。

3.タンパク質を毎日の食事で十分に取りましょう

毎日の食事でタンパク質を十分取れるようなメニューをお子さんに用意してあげましょう。そのためには朝食で納豆・味噌汁・卵焼き・焼き魚などを取って1日のタンパク質摂取量をアップさせることです。

4.十分な睡眠時間もタンパク質のようにしっかり取りましょう

寝ている間に成長ホルモンが分泌されるため、質の良い睡眠をたっぷり取ることが身長を伸ばしたいときには必要です。小学校低学年までは10時間程度の睡眠を取ることがおすすめです。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師