成長期にやってはいけないこととは生活習慣を乱してしまうことです


成長期には身長を伸ばすなど大人になるための準備をしており、成長ホルモンの分泌によって背を伸ばすことが促されています。
そのため、成長ホルモンの分泌に支障が出るようなことはやってはいけないことなのです。

詳しく言うと睡眠不足・栄養の偏り・運動不足は避ける必要があるでしょう。
思春期になると忙しさや人間関係などからストレスを感じやすくなることも出てきます。

そのため、適切に適度なストレス発散をさせてあげることが大切になるでしょう。

成長期に大切な成長ホルモンの分泌を妨げないようにしましょう

成長期に必要なことのひとつには成長ホルモンの十分な分泌があり、それを妨げる恐れがあるため、やってはいけないことがいくつかあります。

ポイントは適切な睡眠・運動・食事です。

やってはいけないことを避けてスムーズに成長ホルモンを分泌させることにより、お子さんの身長をしっかりと伸ばしてあげましょう。

睡眠不足にしない

睡眠は成長ホルモンの分泌には欠かせないことなので、しっかりと睡眠を取り不足しないようにしましょう。睡眠時間の目安は小学校高学年から中学生で9時間位、高校生では8時間くらいで、疲れた時には睡眠時間を長くすることもおすすめです。

運動不足を避ける

睡眠中に成長ホルモンが多く分泌されるため、運動をして睡眠の質を上げることもおすすめの方法です。そのためには適度な強度と内容の運動を定期的に行うことで、無理な内容の運動にしてしまうと疲れすぎて眠れなかったり食欲が落ちたりしてしまいます。
それに運動による刺激は骨の伸びる部分にある軟骨細胞に栄養を送ることにも役立って、より骨を伸ばしやすくなります。

栄養バランスの取れた食事を取る

食事は栄養の偏ることのないよう、バランス良いメニューを心がけましょう。
そして成長ホルモンの分泌により成長期のお子さんの身長の伸びをよりスムーズにするには、タンパク質をしっかりと取らせてあげることです。

ストレスがたまらないよう適度に発散させましょう


子どもたちは学校や部活、習い事などで忙しくしているだけでなく、ゲームや友達とのSNSなどに時間を割くことも多く、のんびりリラックスしたり心身を休めたりする時間が少なくなっています。
その分ストレスがたまる機会も多くなり、上手に発散できないでいると成長ホルモンの分泌に影響を及ぼしかねません。

なぜなら、ストレスを強く感じた時に分泌されるコルチゾールは、成長ホルモンの分泌を妨げる働きを持っているからです。
ストレスがたまりすぎてしまわないためにも、適度に発散するよう促してあげましょう。

おすすめの方法には運動があり、運動後には成長期の身長の伸びを促すなどの働きを持つ成長ホルモンの分泌されることや、身体を動かすと骨の軟骨細胞へ栄養が行き渡りやすくなり伸びやすくなるなどのメリットもあります。
日頃運動の習慣がないお子さんならまずはウォーキングを始めてみてはいかがでしょうか。

やや汗ばむ程度の強度が理想的で、忙しくて時間がないなどの日には寝る前にストレッチを行うと良いでしょう。

生活習慣が原因ではない成長ホルモンの分泌の乱れの可能性もあります

成長期にやってはいけないことを避けたとしても大きな成長の伸びが見られないこともあり、その場合は成長ホルモンの分泌を妨げている原因が他にあるかもしれません。

もしお子さんの年齢の平均身長よりも大きく下回っているときや、身長の伸びがとても小さいときには整形外科で医師と相談してみましょう。低身長専門医と話をすると、検査を行ってその結果からなぜ背があまり伸びないのかを探ってもらえます。

そしてお子さんに対して必要性があり、さらに効果も期待される時には成長ホルモン剤を使った成長ホルモン治療を案内されることもあります。
これは直接成長ホルモンを注射で投与する治療法で、体内でも分泌されている成長ホルモンをうつことから、大きな副作用もなく安心して行える方法です。

(まとめ)成長期にやってはいけないこととは?

1.成長期にやってはいけないこととは生活習慣を乱してしまうことです

子どもの成長期では成長ホルモンは身長を伸ばすことを促しており、その分泌に支障が出ることがやってはいけないことなのです。具体的には睡眠不足・栄養の偏り・運動不足を避け、ストレスをためこまないよう適度なストレス発散をさせてあげることが必要です。

2.成長期に大切な成長ホルモンの分泌を妨げないようにしましょう

成長期には成長ホルモンの分泌を妨げる生活習慣がやってはいけないことなので、睡眠不足・運動不足・栄養の偏りのない生活習慣を心がけましょう。お子さんだけでは配慮が難しいこともあるため親御さんも一緒に取り組んであげましょう。

3.ストレスがたまらないよう適度に発散させましょう

子どもたちの多くが毎日を忙しく過ごしており、あいた時間にはゲームやSNSを楽しんでいることからストレスのたまりやすい環境にあります。ストレスは成長の妨げになりやすいので身体を動かして適度に発散させてあげましょう。

4.生活習慣が原因ではない成長ホルモンの分泌の乱れの可能性もあります

成長期に身長の伸びが思わしくない時は整形外科で低身長専門医と相談してみてはいかがでしょうか。カウンセリングや検査を元に理由を探り、必要があれば成長ホルモン治療を紹介してもらうこともできます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師