背を伸ばすためには、寝る前のストレッチが効果的です


背を伸ばすためには、姿勢を正しくすることが大切になります。猫背など背中が丸くなってしまうと、実際の身長よりも低くなってしまう可能性があるのです。

ストレッチを丁寧に行うことで、綺麗な姿勢に整える効果が期待できます。また夜寝る前に行うことで、睡眠の質の向上も期待できるでしょう。

睡眠の質が良くなることで、成長ホルモンの分泌が促進されると考えられています。その結果として背を伸ばすことに繋がるとされています。

正しい姿勢を意識するようにしましょう

スマホやパソコンなどの影響によって、現代人の子供の多くが姿勢が悪くなってきていると言われています。背中が丸くなる猫背や首のカーブがなくなるストレートネックなどの状態に陥っている可能性があります。

これらの状態に陥ると、肩凝り・腰痛・頭痛などの症状が現れることがあります。また実際の身長よりも背が低くなる可能性もあるのです。

また姿勢が悪い状態が継続すると、椎間板ヘルニアやすべり症などになる場合もあります。そのためできるだけ早期に正しい姿勢を意識するようにしましょう。

正しい姿勢に戻すためには、ストレッチを行うことが効果的と言われています。ストレッチを行うことで、悪い姿勢によってコリ固まった筋肉を伸ばすことが可能です。

筋肉を柔らかくすることで、正しい姿勢を保ちやすくする効果が期待できます。痛気持ちいい程度の力加減で、ゆっくり筋肉を伸ばすようにしましょう。

ストレッチ中に痛みなどによって力を入れてしまうと、筋肉を損傷する恐れがあります。そのためゆっくり呼吸を行える状態でストレッチをしてください。

睡眠の質を上げることで、成長ホルモンの分泌を促進します


ストレッチは、基本的にいつ行っても構いません。ただし運動前にゆっくり伸ばすストレッチを行う事は、良くないと言われています。

ゆっくり伸ばすストレッチを行うことで瞬発力が低下し、運動のパフォーマンスが低下しやすくなると考えられています。そのため運動前には身体を動かしながら筋肉をほぐすようにしてください。

背を伸ばすためには、もっとも効果的なストレッチを行う時間は寝る前と言われています。寝る前にストレッチを行うと、身体に多くのメリットがあるとされています。

・心身の緊張をほぐす
・血流が良くなる
・リラックス効果

これらの効果によって、副交感神経が優位になると考えられています。副交感神経の働きによって、より質の高い睡眠に導きやすくなります。

睡眠の質が良くなることで、成長ホルモンの分泌を促進すると言われています。成長ホルモンは、背を伸ばすために必要とされるホルモンの一つです。

成長ホルモンは、深く眠っている時間に多く分泌されると考えられています。そのため睡眠の質を上げることは、背を伸ばすためには大事なことと言えます。

背を伸ばすためにも、夜寝る前のストレッチを習慣化するようにしてください。

成長に伴う筋肉の張を予防する効果が期待できます

背は骨の成長によって伸びます。筋肉は、骨の成長に引っ張られることで、伸ばされます。

そのため背が伸びている時期は、筋肉が張っており硬い状態になっている可能性があります。筋肉が張っていることで、運動中に怪我をしやすくなると言われています。

そのため背が伸びている時期は、ストレッチを念入りに行うことが大切になってきます。ストレッチを行わないことで、足がつる、痙攣するなどの症状が現れてくることがあるため注意するようにしましょう。

背が伸びないと心配があるときは、病院などで診察を受けることも大切になります。また同世代の子と比較して、極端に背が低いなどの場合には、成長ホルモンが分泌されていない場合もあるのです。

成長ホルモンが分泌されていない場合には、ホルモンを補うなどの治療を開始することがあります。心配がある場合には、早めに検査などを受けるようにしてください。

(まとめ)寝る前のストレッチは背を伸ばす効果があるの?

1.背を伸ばすためには、寝る前のストレッチが効果的です

背を伸ばすためには、姿勢を整えるようにしましょう。ストレッチによって、綺麗な姿勢を作る効果が期待できます。

寝る前に行うことで睡眠の質が良くなる可能性があります。成長ホルモンの分泌が促進されると言われています。

2.正しい姿勢を意識するようにしましょう

スマホやパソコンなどによって、姿勢が悪くなることがあります。姿勢が悪くなると、肩凝り・腰痛・頭痛などの症状が現れてきます。

ストレッチを行うことで、正しい姿勢を保ちやすくなると言われています。痛気持ちいい程度の力加減で行いましょう。

3.睡眠の質を上げることで、成長ホルモンの分泌を促進します

運動前のストレッチは、身体を動かしながら筋肉をほぐすようにしてください。背を伸ばすためには、寝る前のストレッチを習慣化しましょう。

寝る前にストレッチを行うことで、副交感神経が優位になり睡眠の質が上がると言われています。

4.成長に伴う筋肉の張を予防する効果が期待できます

背が伸びている時期は、骨の成長のために筋肉が張っている可能性があります。ストレッチを行わないことで脚がつる、痙攣するなどの症状が現れます。

背について何か心配がある場合には、病院で診察を受けるようにしてください。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師