低血糖になると血糖値を維持するため成長ホルモンが分泌されます


成長ホルモンは血糖値を維持する働きも持っているため、低血糖になると成長ホルモンを分泌して脂肪を分解し、エネルギーを得ようとします。これは飢餓状態でも筋肉を動かせるようにエネルギー源を確保するため備わっている人間の体の機能のひとつです。

この働きを利用して成長ホルモンを十分分泌させることができれば、子どもの骨を伸ばす働きも期待できます。
飢餓状態をつくると子どもの成長に影響が心配されるため、日頃は食事の時間を決めて間食を控え、空腹を感じさせてあげることがおすすめです。

低血糖のとき成長ホルモンが分泌されるのは筋肉をすぐ動かすためです

血液中の糖の量を調整することは成長ホルモンの働きのひとつのため、低血糖になったときは成長ホルモンを分泌し脂肪の分解を行ってエネルギーを得ようとします。
この働きから、低血糖になると成長ホルモンが分泌されるため、空腹状態をつくることが勧められているのです。

もし空腹状態で体内にすぐ使えるエネルギーが存在していない場合、急に体を動かすことは難しくなります。たとえば危険を回避するために体を動かさなくてはならないときに、エネルギー不足になっていて動くことができないようでは、命の危険にさらされてしまいます。

そのため、成長ホルモンを分泌して脂肪を分解しエネルギーを準備するほか、余分にとった糖をすぐに脂肪にしてしまわず血液中にとどめようとするのです。
しかし、飢餓状態ほどの空腹では成長に悪影響を及ぼしてしまいかねないので、食事は三食きっちりと取り、決まった時間に食事をすることで適度な空腹を感じることがおすすめでしょう。

1日2~3回空腹を感じられるようにしましょう


飢餓状態をつくろうとすると子どもの成長に悪影響を及ぼしかねないため、空腹の時間を作る程度にしておきましょう。
1日3回の食事は時間を決めて取るようにし、食事の間隔をあけて空腹時間を作ります。

他にもいくつかポイントがありますから、参考にしてみてください。

だらだら間食しない

手軽に食べられるお菓子が手に届きやすいところに豊富にあるとつい食べてしまうので、間食も時間と量を決めて取るようにします。
だらだら食べることで空腹時間がなくなり、成長ホルモン分泌のチャンスを減らしてしまうでしょう。
それに生活習慣病や、虫歯・歯周病のリスクが出てくる可能性もあるので、いつまでも間食させてないように配慮してあげましょう。

ストレス解消をする

ストレスがたまると食欲が出ず空腹を感じにくかったり、逆に常に食べてしまったりすることがあります。適度な空腹を感じさせて成長ホルモンの分泌を促すためにも、ストレスは適度に解消させてあげましょう。ストレス解消には、体を動かすこともおすすめです。

気分転換に最適なだけでなく、運動後に成長ホルモンの分泌が期待できることから、運動でのストレス解消は積極的に行わせてあげると良いでしょう。
そして、スマホやパソコンを長時間使うこともストレスになりやすいので、使う時間を決めて目などを休ませることもストレス緩和につながります。

コンプレックスがストレスの原因になっていることがあります

身長が低いことは目に見えるものなので、周りの友達と比べて自分は背が低いと感じたお子さんが、それをコンプレックスに思っていることも少なくありません。
低身長を気にしすぎて強いストレスになると、ホルモン分泌を司る脳下垂体はデリケートなため影響を受けやすく、その結果、身長を伸ばす働きに関わりのある成長ホルモンの分泌が少なくなる可能性もあるのです。

低身長の専門医に相談する方法も

整形外科医のなかには低身長を専門としている医師もいるため、お子さんが身長について気にしている様子があれば一緒に受診してみてはいかがでしょうか?
無料セミナーを行っていて、どのような施術を行っているか説明しているクリニックもあるため、セミナーに出て身長を伸ばすための施術内容を学んでから取り組むこともできます。

身長を伸ばすための生活改善だけでなく、本格的にホルモン剤を使った治療で身長を伸ばしてあげたいとお考えのときは、専門医へ相談することをおすすめします。

(まとめ)低血糖になると成長ホルモンが分泌されやすい?

1.低血糖になると血糖値を維持するため成長ホルモンが分泌されます

成長ホルモンは子どもの骨を伸ばす以外に血糖値を維持する働きもあるため、低血糖になると糖を増やそうとして成長ホルモンが分泌されます。空腹時に血糖値がさがるので、間食を控えて空腹状態を作り成長ホルモンの分泌を促しましょう。

2.低血糖のとき成長ホルモンが分泌されるのは筋肉をすぐ動かすためです

血液中の糖の量を調整する働きも成長ホルモンは持っており、低血糖になるとエネルギーを準備するため成長ホルモンが分泌されます。すると空腹状態でもすぐに筋肉を動かせるようエネルギーが用意された状態になるのです。

3.1日2~3回空腹を感じられるようにしましょう

1日2~3回空腹時間をつくって成長ホルモンの分泌を促すことが大切です。また、空腹を感じにくい生活は、成長ホルモン分泌につながりません。
だらだら間食することは避け、運動などでストレス解消をすると効果的でしょう。

4.コンプレックスがストレスの原因になっていることがあります

身長が友達よりも低いとお子さんがかなり気にしているようなら、整形外科の低身長専門医に相談してみてはいかがでしょうか?
無料セミナーを行っているクリニックであれば、成長ホルモン剤を使った施術内容を施術前に詳しく学ぶことができます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
齋藤まい医師
さいとう まい/Mai Saito

 

経歴
2006 年 関西医科大学 医学部医学科 卒業
療法人藤井会 石切生喜総合病院 臨床研修医
2008 年 大阪市立総合医療センター 整形外科勤務
2010 年 医療法人浩仁会 南堺病院  整形外科
2011 年 医療法人宝持会 池田病院  整形外科
2016 年 西新宿整形外科

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 齋藤まい医師