サプリは子供の低身長改善に役立つとは期待できず、毎日の食事で栄養を取りましょう


子供の低身長が気になる時はサプリに頼りすぎるよりも、毎日の食事で身長を伸ばすために役立つ栄養素、タンパク質や亜鉛などのミネラルをしっかり取りましょう。

そして食事だけではなく十分な睡眠時間や継続した適度な運動量なども身長の伸び方に関わるため改善がおすすめです。
それでも身長の伸び方に不安があれば専門医と相談してみましょう。

バランスよく十分な栄養素を取ることが身長を伸ばしやすくします

成長期の子供にとって必要な栄養素はさまざまな物があり、その中でも身長を伸ばすために必要な栄養素をご紹介します。
以下の栄養素はサプリとしても販売されていますが、そのサプリをしっかりとれば身長が伸びるわけではないため、栄養は毎日の食事から取るようにしましょう。

低身長改善のために取りたい栄養素
タンパク質

子供の骨を伸ばすために欠かせない栄養素で、骨端線で軟骨細胞を増やすために使われます。
そして骨を伸ばす働きを促すには成長ホルモンの分泌が必要で、その成長ホルモンをつくるためにもタンパク質は必要です。

亜鉛

身長の高い人は亜鉛を多く取っているといわれるため、身長を伸ばすために必要なミネラルです。
亜鉛はホルモンをつくるタンパク質に含まれていることから、低身長には欠かせないといえます。

カルシウム

直接子供の骨を伸ばす働きではありませんが、伸びた骨を強くする役割があります。
そのためより長く骨を伸ばしたい場合、十分にカルシウムを取って丈夫にすることが必要です。

マグネシウム

カルシウムとバランスよく摂取することが勧められているミネラルで、カルシウム対マグネシウムは2対1の割合で取ることが望ましいでしょう。
ちなみにカルシウムだけ大量に取っていると、余分なカルシウムとともにマグネシウムまで排泄される恐れがあります。

食事だけでなく睡眠など生活習慣の改善も必要です


サプリだけに頼らず食事内容を見直して低身長改善に取り組む時は、その他の生活習慣もあらためてみましょう。

夜の睡眠時間の十分な確保

起きている間にも成長ホルモンは分泌されますが、夜寝ている間がもっとも多く分泌されるため寝る時間が遅くならないようにしましょう。
早く寝ているつもりでも、日本の子供たちは寝不足傾向にあるといわれるため今よりも1時間以上早く寝ることをおすすめします。

目安として、小学校低学年までは10時間以上、高学年から中学生でも9時間半の確保が理想的です。

適度な運動の継続

骨に刺激を与えることも身長の伸びに役立つため、骨に対して縦向きの圧がかかる運動を継続して行いましょう。たとえばジャンプの動きをするなわとびやジョギング、バレーボール、バスケットボール、ダンスなどがあります。
そして強度が高すぎても疲労により食欲が落ちる可能性があるため、適度な内容を行うことがポイントです。

専門医に相談して前向きに低身長改善へ取り組む方法もあります

子供の低身長を改善するには、生活習慣の切り替え以外に専門医療機関を受診する方法があります。
専門医の元で診察や検査を受けると、最適なアドバイスや施術が紹介され、必要があれば成長ホルモン治療の提案も受けられる点がメリットです。

成長ホルモン治療とは

成長ホルモンと似た成分でできた製剤を注射で投与することにより、身長が伸びるよう促す施術です。
低身長の改善やあと少し身長を伸ばしてコンプレックスを解消したい時に提案されることがあり、効果の可能性が期待される場合に紹介されるでしょう。

具体的な施術法

成長ホルモン治療は注射で成長ホルモン製剤を投与しますが、毎日決められた回数注射をうつ必要があるものの、自宅で行うことができるため毎日注射のために通院する必要がありません。
定期的な通院をして医師が経過を見ながら自宅で子供自身または親など家族が注射をうつ形になります。

しかし病院などで予防接種や採血を受ける時の針とは違い針の短い注射器を使うため、慣れればムリなく注射を続けられるでしょう。

(まとめ)低身長改善でサプリを子供に飲ませた方がいい?

1.サプリは子供の低身長改善に役立つとは期待できず、毎日の食事で栄養を取りましょう

サプリで低身長改善を目指すより日々の食事で栄養をきちんと取ることがおすすめで、ほかにも睡眠時間や運動も心がけましょう。
しかし子供の身長の伸び方に不安があれば、専門医と相談する方法もあります。

2.バランスよく十分な栄養素を取ることが身長を伸ばしやすくします

子供の低身長を改善するために取っておきたい栄養素は、サプリに頼り切らず食事から取ることが望ましいです。
その栄養素とは、タンパク質・亜鉛・カルシウム・マグネシウムで毎日適度に取りましょう。

3.食事だけでなく睡眠など生活習慣の改善も必要です

食事以外の生活習慣の見直しも行ってサプリメントに頼りすぎない方法で低身長を改善しましょう。そのポイントは、早く寝て睡眠時間を十分取ることと適度な運動を継続することです。

4.専門医に相談して前向きに低身長改善へ取り組む方法もあります

専門医の元で診察を受け、子供の低身長改善の施術を受ける方法があり、その施術の一つに成長ホルモン治療があります。
自宅で注射を続けつつ定期的に診察を受ける施術で、低身長を改善するだけでなくあと少し身長を伸ばしたい時にも使われます。

監修医情報

西新宿整形外科クリニック院長
田邊雄医師
たなべ ゆう/Yu Tanabe
経歴
富山県立富山中部高等学校卒業
金沢医科大学医学部医学科卒業
順天堂医院 初期研修医
順天堂医院 初期研修修了
順天堂医院 整形外科入局
順天堂大学大学院 整形外科学講座
下記順天堂医院関連施設にて勤務・研修
(順天堂本院、順天堂練馬、伊東市民病院、宮川病院、杏雲堂病院、浅草病院、東部地域病院、賛育会病院、王子病院 等)
日本整形外科学会認定 整形外科専門医取得
順天堂大学大学院 医学博士取得
SBCグループ・西新宿整形外科 入職
西新宿整形外科  医院長
ロコモアドバイスドクター 就任
(「ロコモ チャレンジ!推進協議会」公認)

運営者情報

運営クリニック 西新宿整形外科クリニック
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-21-3 新宿大京ビル7階
お問い合わせ 0120-962-992
院長 田邊雄医師